とりあえずやってみよう!

タブレット タイムレコーダーは、無料でダウンロードできます。
そして、すべての機能を試してみることができます。

「タブレット タイムレコーダー、いいかもな」と思ったら、
とりあえずやってみましょう!

8.その他の設定・機能をみてみる

8-1.閲覧範囲を変更してみる

管理メニュー > 設定 > 詳細設定 > 閲覧範囲 では、メンバーが勤怠データをどこまで見れるかを設定できます。

  • 打刻画面に「分析」ボタンを非表示にすると、メンバーが他のメンバーのダッシュボードを自由に閲覧できなくなります。
  • ダッシュボードに「詳細」を非表示にすると、メンバーの日ごとの詳細なデータを閲覧できなくなります。

8-2.その他の設定項目をみてみる

管理メニュー > 設定 では、管理パスワード、打刻時メール送信などを設定できます。

8-3.データをバックアップしてみる

管理メニュー > データメンテナンス > バックアップ から、ソフトの全データをバックアップしてみましょう。
バックアップには、外部ストレージとの連携が必要です。

8-4.打刻時メール送信を設定してみる

打刻時メール送信

管理メニュー > 設定 > 打刻時メール送信 では、指定したアドレスに打刻を知らせるメールを送信することができます。
全員の打刻時メールを受け取るアドレスを5つまで指定できます。
加えて、特定の人の打刻のみを受け取るメールアドレスを人ごとに3つまで指定できます。
Apple Watchなどと組み合わせると、便利です。