ニュース(お知らせ)

LANアクセス機能強化(V.1.6.3 提供開始)

2017.12.18

タブレット タイムレコーダーの、LANアクセス機能を強化しました。
すでに、V.1.6.3として提供を開始しています。

主なポイントは、下記です。

  • ・有線LAN接続に対応
  • ・Lightning-USBケーブル接続に対応
  • ・Bluetooth接続に対応
  • ・VPN接続に対応

LANアクセス機能は、LANを経由してパソコンからiPad上のタブレット タイムレコーダーにアクセスする機能です。この機能により管理者は、iPadの設置場所まで行かなくてもデータを閲覧、編集、出力することができます。

従来は、Wi-Fi接続にしか対応しておらず、Wi-Fiが利用できない場所ではLANアクセス機能を利用できませんでした。

今回の機能強化により、Wi-Fiが利用できない環境でも、様々な方法でパソコンからタブレット タイムレコーダーへのアクセスが可能になっています。

有線LAN接続は、Lightning-USBアダプタと、USB-LANアダプタを介して行います。

Lightning-USBケーブル接続は、iPadとMacをケーブルでつなぎ、MacのLANをiPadに共有して利用します。Bluetooth接続も同様です。

また、iPadをVPN経由で別のネットワークに接続し、接続先のネットワークからLANアクセスすることも可能となっています。

LANアクセス機能の利用方法など詳細については、タブレット タイムレコーダーのアプリ内の説明をご参照ください。

また、下記もご参照ください。
タブレット タイムレコーダー ブログ
LANアクセス機能 関連記事まとめ

一覧へ戻る>