ニュース(メディア掲載)

【メ~テレ】モノがたりアワード

2018.02.13

2018年1月20日、メ~テレさんの特別番組「モノがたりアワード」にて「タブレット タイムレコーダー」を取り上げていただきました。

番組内容は、動画/コンテのコンテスト「モノがたりアワード」の入賞作品の発表です。

 

■モノがたりアワードとは

モノがたりアワードは、東海地方を代表するテレビ局「メ~テレ(名古屋テレビ)」と、マーケティング・コミュニケーションの総合シンクタンク 「宣伝会議」がタッグを組んで実施した公募コンテストです。当社ネオレックスは、協賛企業としてこのコンテストに参加しました。

香西 顕(simpleshow Japan)さんの作品「みんなを笑顔にするタイムレコーダーのお話」がネオレックスの選ぶ協賛社賞に選ばれています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=ALGeUkiin8U&feature=youtu.be

 

番組では入賞作品の発表とともに、「モノがたりアワード」の課題動画の題材である「タブレット タイムレコーダー」の機能や特徴、開発に込められた思いについても紹介していただきました。

 

■放送内容概要

ナビゲーター奥田瑛二さん
「魅力的な商品やサービスには、生み出されるに至った思い、つまり”モノがたり”が込められています。その”ものがたり”を、クリエイターの発想力を生かした映像で表現・発信してもらおうと、コンテストが開かれました。商品やサービスの思いをしっかり受け止め、協賛社賞を受賞した作品を発表します。」

 

 

ナレーター竹田基起さん
「今回の協賛社は株式会社ネオレックス。ネオレックスはITというフィールドで、自分たちで考え生み出すことにこだわってきました。そんなネオレックスが開発したのがタブレット タイムレコーダー。働く人を笑顔にするために開発されたタイムレコーダーで、笑顔があふれる職場づくりに一役買います。」

 

「そして、今回ネオレックスが想いを込めて設定したコンテストの課題は”笑顔のある職場”、その課題を伝える動画をご覧ください。」

 

~課題についてのムービー開始~

 

弊社CEO
「掃除機という製品は、海外製のスタイリッシュなモノやロボットの登場でワクワクするものに生まれ変わりましたよね。私たちが15年以上関わってきたタイムレコーダーも同じように生まれ変われないかなと考えたんです。」

 女性ナレーター
「ネオレックスが開発したアプリはiPadをタイムレコーダーに変えるアプリです。日々、自分と向き合う時間を提供します。出退勤をリアルタイムにメールで知らせることができ、コミュニケーションが豊かになります。職場の仲間にビデオメッセージを送ることもできます。タブレット タイムレコーダーは勤務時間の集計が自動化されて給与計算につながる、という実用的なアプリなだけではないんですね。」
弊社CEO
「働く人が笑顔になったらいいなと思ってタブレット タイムレコーダーを開発しました。」

 

 

女性ナレーター
「笑顔のある職場っていいですよね。ネオレックスのクリエイターの方に課す課題は笑顔のある職場です。」

 

 

~課題についてのムービー終了~

 

ナビゲーター奥田瑛二さん
「本当の笑顔は日常の中にあるもので、日常に笑顔があれば、会社でも本当の笑顔になれるんではないだろうか。そして、そんな会社はいい会社。では、協賛社賞に選ばれたのはどんな作品なのか見てみましょう。」

 

~香西 顕(simpleshow Japan)さんの作品「みんなを笑顔にするタイムレコーダーのお話」が紹介される~

 

ナビゲーター奥田瑛二さん
「ある意味これは、会社の理想かもしれないよね。登場人物の人柄の良さや愛情も見受けられましたね。」

協賛社ネオレックス
「機能面だけでなく、そこに込められた人の優しさや思いやりが表現されていた点がよかったです。」

 

メ~テレ、宣伝会議の皆さん、そして素晴らしい作品を作っていただいた香西 顕さん、ありがとうございました!

一覧へ戻る>