ニュース(お知らせ)

パーソナルダッシュボード機能強化「吹き出し」で気づきの効果を向上

2018.04.10

 

勤怠管理アプリを開発・提供する株式会社ネオレックス(本社:名古屋市、社長:駒井拓央)は、タブレット タイムレコーダーの「パーソナルダッシュボード」の機能を強化し、状況に応じた吹き出しを表示するようにしました。パーソナルダッシュボードは、毎日の出退勤時の打刻操作の直後に自動で表示される画面です。パーソナルダッシュボードには、写真の一覧や様々なグラフ、データが表示されており、自分の状態が見える化されています。

今回の機能強化により追加された吹き出しは、パーソナルダッシュボードで得る”気づき”の効果の大幅な向上を目指し考案されました。例えば勤務時間が長くなった時「先月、先々月に比べて時間が増加傾向にあるようです」といった吹き出しが表示されます。吹き出しによって、利用者は従来気づくことができなかった変化や傾向に気づくことが可能となりました。また、その日の最後の退勤者にその旨を伝えるなど、出退勤状況を把握しているタイムレコーダーだからこそできるコンテンツも加えています。

本機能の利用に追加費用は必要なく、タブレット タイムレコーダーを最新版にすることで利用可能です。

 

 

<表示される吹き出しの具体例>

「週ごとの残業時間数が3連続で増加しています」(Weekly Total)
週ごとの残業時間の合計が増加傾向にある場合に表示されます

 

 

「〇%を超えました」(Work Life Balance)
 ワークライフバランスにおいて勤務時間の割合が一定を超えると表示されます

 

 

 「月合計が〇時間を超えました」(Month Total)
 月の勤務時間の合計が一定の時間を超えると表示されます

 

「○○さんが本日の最後です」
 その日の最後の人が退勤する際に表示されます

 

 

<開発の背景>
パーソナルダッシュボードは元々、利用者が気づきを得るための機能です。しかし、表示される情報は毎日少しずつ変化するものであり、また情報量も多いため、重要な変化や傾向に気づかないことがあるという課題がありました。そこで、注目すべき点を発見してお知らせする機能を開発し、気づきを得る効果を高めることとしました。

また同時に、出退勤状況を把握しているタイムレコーダーならではの通知も実装しました。最後の退勤者にその旨を伝えることにより、消灯や戸締りの忘れ防止に役立てることができます。

 

 

 <今後の計画>
吹き出しを表示する条件や文言を拡充し、コンテンツを充実させていく予定です。その他、気づきの効果をさらに高めるために吹き出しにアニメーションや効果音を追加することも検討しています。

また、パーソナルダッシュボードに表示する項目やその内容を、利用者が変更できるようになる「パーソナライゼーション」の機能も構想中です。すでに管理者向けのダッシュボードでは、表示内容の選択・並び替えが可能となっています。パーソナルダッシュボードでも、利用者のニーズや好みに応じた価値の提供ができるよう開発に取り組んでいきます。

 

一覧へ戻る>