ニュース(お知らせ)

第28回「中小企業優秀新技術・新製品賞」受賞

2016.04.07

タブレット タイムレコーダーが、「中小企業優秀新技術・新製品賞」のソフトウェア部門において、最上位にあたる「優秀賞」を受賞したのでお知らせします。

iPadによるタブレット タイムレコーダーの打刻イメージ

中小企業優秀新技術・新製品賞とは

中小企業優秀新技術・新製品賞は、公益財団法人りそな中小企業振興財団と、日刊工業新聞社の主催、経済産業省中小企業庁の後援で運営されています。
中小企業の技術を振興し、日本の産業の発展に寄与することを目的として、昭和63年より実施されており、今回は第28回となります。

中小企業優秀新技術・新製品賞には「一般部門」と「ソフトウェア部門」という2つの部門があり、タブレット タイムレコーダーはソフトウェア部門の最上位にあたる「優秀賞」を受賞しました。

http://www.resona-fdn.or.jp/main/jigyou/shingijutu.html

評価されたポイント

中小企業優秀新技術・新製品賞の審査は、以下の観点で行われます。

・優秀性
・独創性
・市場性

タブレット タイムレコーダーは、従来のタイムレコーダーにはなかった様々な機能の独創性が評価されました。
また、タイムレコーダーを「健康増進」や「ワークライフバランスの改善」、「コミュニケーションの活性化」といった新たな価値と共に提案することにより、タイムレコーダー市場そのものを拡大するという点も評価のポイントとなりました。

製品のコンセプトと、実装の技術、双方において優秀との高い評価をいただくことができたと考えています。

Personal Dashboard(パーソナルダッシュボード)をながめる
ビデオメッセージ再生の様子

受賞を受けて

タブレット タイムレコーダーが素晴らしい賞をいただくことができ、大変嬉しく思っております。また、タブレット タイムレコーダーの特徴を理解し、評価して下さった審査員の皆様に、心より感謝申し上げます。

タブレット タイムレコーダーは、昨年の提供開始以来、「グッドデザイン賞」にてデザイン性を評価いただき、「ITproEXPO AWARD」にてIT製品として完成度の高さを評価いただいたと考えています。

今回の中小企業優秀新技術・新製品賞では、技術力と市場性を評価いただけたことが、特に大きな喜びです。

タブレット タイムレコーダーは、日本の勤怠管理業務を大幅に改善するソリューションになる。同時に、タイムレコーダーの可能性を広げ、従来にはなかった用途でタイムレコーダーが活用される市場を創出する。そして更に、日本国内に留まらず、世界中にこの新しいタイムレコーダーのコンセプトを届け、世界に貢献していく。

これまでタブレット タイムレコーダーを評価してくださった皆さんの期待に応えるためにも、こうした私たちの夢の実現に向けて、更なる機能強化と普及活動に取り組んで参ります。

一覧へ戻る>