とりあえずやってみよう!

タブレット タイムレコーダーは、無料でダウンロードできます。
そして、すべての機能を試してみることができます。

「タブレット タイムレコーダー、いいかもな」と思ったら、
とりあえずやってみましょう!

6.LANアクセス機能を使ってみる

6-1.ブラウザからアクセスしてみる

LANアクセス機能は、パソコンからLAN経由でiPad上のタブレット タイムレコーダーにアクセスし、データの閲覧・編集・出力ができる機能です。
管理メニュー > 設定 > LANアクセス機能 から機能を有効にすると、パソコンのWebブラウザからアクセスできます。

アクセスするには、以下の手順を踏みます。
1. iPadとパソコンが同じLANに接続されていることを確認する
2. LANアクセス機能をオンにする
3. オンにした時に表示されるURLをパソコンのWebブラウザのアドレスバーに入力する

6-2.管理パスワードを入力する

PCにログイン画面が表示されれば接続成功です。

この画面でタブレット タイムレコーダーの管理パスワードを入力して「>」をクリックすれば、データにアクセスできます。
パスワードを設定していない場合は、入力の必要はありません。

6-3.ダッシュボードをながめる

LANアクセス機能でログインすると、ダッシュボードが表示されます。

6-4.詳細画面をながめる

ダッシュボードでメンバーをクリックすると、詳細画面が表示されます。
打刻データや集計データの近くの入力欄をクリックすると、打刻を追加・編集・無効化したり、集計データを直接編集することができます。
また、画面上部のボタンをクリックすると、グラフや勤務データの表示・非表示を切り替えられます。

6-5.パーソナルダッシュボードをながめる

詳細画面右上の「ダッシュボード」をクリックすると、パーソナルダッシュボードが表示されます。
勤務状況のグラフや、顔写真の一覧を見ることができます。

6-6.データを出力してみる

ダッシュボード左上の「管理」をクリックすると、データ出力画面が表示されます。
この画面で「パソコンにダウンロード」をクリックすると、
給与ソフト向けデータや出勤簿PDFなどを
外部ストレージを介さずにパソコンに直接出力することができます。

また、「出力」をクリックすると、
iPadと同じように外部ストレージへ出力することもできます。