ブログ

2017.07.31/

【機能紹介】
出勤簿の出力を便利にする新機能

タブレット タイムレコーダーV.1.6.1で、データ出力機能が拡張されました。

これにより、出勤簿を退職者や社労士さんに提供したり、官公庁に提出する際に、より便利に出力できるようになりました。

今回は拡張された機能とその背景について紹介したいと思います。

出勤簿の保管は使用者の義務​

出勤簿は労働法上のいわゆる法定三帳簿の一つで、使用者は労働者の出勤簿を3年間保存することが義務付けられています。

さらに退職者の出勤簿は5年間保存しておくことが勧められています。

出勤簿は電子データでもよい

出勤簿は「紙での保管」と「PDF等の電子データでの保管」のどちらでも問題ありません。

どちらで保管するとしても、紛失しないように確実に保管する必要があります。

拡張された出力機能

このように保存が義務付けられ、ときに提供・提出が必要となる出勤簿について下記の点で使いやすさが向上しました。

・1メンバーの複数月度の出勤簿を1ファイルとして出力可能に
以前までの出勤簿は、有効メンバー全員分を1ヶ月毎に1ファイルとして出力していました。
この状態から、例えば1人の1年分の出勤簿だけ取り出すのはなかなか大変ですね。
今回の機能拡張で、任意のメンバー(1人でも複数でも)の必要な期間分だけ一括出力が可能になりました。

・写真データをつけずに出力することが可能に
タブレット タイムレコーダーでは打刻時の写真データを出勤簿にも載せられます。
しかし本人以外へ提供・提出する際は、プライバシーへの配慮が求められる場合があります。
今回の機能拡張で、このような写真データを省略した出勤簿を出力できるようになりました。

image1
大事なことはしっかり保管すること

便利になった出力機能を利用するためには、データをしっかり保管しておく必要があります。

データがなければこれらの出力機能を有効に利用できません。

タブレット タイムレコーダーには、誤操作でアプリを消してしまったり、iPadが故障して復旧できなくなったときなどのために、バックアップ機能が搭載されています。

ぜひ、このバックアップ機能を利用し、データ保管に万全を期すことをお勧めします。

データをバックアップしてみる

いかがでしたか?

実は今回の拡張は、ユーザーの皆さまからのご要望にお応えするかたちで実装されています。
今後も皆さまからのご意見を参考にしつつ、楽しくて便利なタイムレコーダーを提供していきたいと思っています。