ブログ

02. タブレット タイムレコーダーの集計ルール設定

2021/01/13/

【集計ルール設定】日付変更時刻を設定する

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。【集計ルール設定】の記事シリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、【目次】集計ルール設定の解説記事一覧をご覧ください。

この記事では、日付変更時刻の設定方法を解説します。

日付変更時刻とは

日付変更時刻とは、打刻の日付が切り替わる時刻のことです。たとえば、日付変更時刻が0:00の場合、0:00を超えた打刻は翌日の打刻として記録されます。しかし、夜勤などで0:00を超えた打刻も前日の打刻として記録したいケースがあります。このような場合は、日付変更時刻を調整します。

たとえば、12/1 19:00にIN打刻、12/2 1:00にOUT打刻したとします。このとき、日付変更時刻が0:00および5:00の場合、それぞれ打刻の記録は以下の表のようになります。

日付変更時刻が0:00の場合
IN OUT
12/1 19:00 なし
12/2 なし 1:00
日付変更時刻が5:00の場合
IN OUT
12/1 19:00 翌1:00

前者のように、打刻が同一日付でペアにならない場合、その打刻に対応する各種時間数は集計されません。一方、後者ように、同一日付でペアができている場合は、IN〜OUTの6時間が総時間などに計上されます。

続きを読む >

2020/12/03/

【集計ルール:時間数】総時間に休出を含める/総時間・普通に有給の時間を含める

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。【集計ルール設定】の記事シリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、【目次】集計ルール設定の解説記事一覧をご覧ください。

この記事では、総時間に休出を含める設定方法および総時間・普通に有給の時間を含める設定方法を解説します。

総時間・普通の計算方法について

「総時間」は勤務全体の時間数です。「普通」は平日の残業ではない時間数です。たとえば、所定時間数が8時間で、平日に10時間勤務すると、総時間は10時間、普通は8時間になります。

総時間には、休出の時間を含めるかどうかを指定できます。休出を含めた勤務全体の時間数を把握したい場合は、休出を含める設定にすることで、詳細画面から全体の勤務時間を確認できます。逆に、平日と休日の時間数を別々に把握したい場合は、休出を含めない設定にすることもできます。

また、総時間および普通には、有給時間を含めるかどうかを指定できます。
有給時間は、休暇に有休・半有休・特休(有給)・半特休(有給)のいずれかを登録した際に計上されます。たとえば、有休・特休(有給)の時間換算が所定に基づく設定で、所定が8時間の場合、有給時間は8時間になります。有給休暇分の給与を日数で換算する場合は時間数に有給時間を含める必要はありませんが、時間数に換算する場合は含める必要があります。

総時間は、総時間2という項目を利用することで、2種類管理することができます。たとえば、従業員向けの画面には有給時間を含めない総時間を表示するが、給与ソフト向けには有給時間を含めた総時間2を出力する、といった設定ができます。

続きを読む >

2020/11/05/

【集計ルール設定:日数・回数】
利用する日数・回数の設定

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。【集計ルール設定】の記事シリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、【目次】集計ルール設定の解説記事一覧をご覧ください。

この記事では、利用する日数・回数の設定方法を解説します。

タブレット タイムレコーダーでは、集計した日数・回数を詳細画面で確認したり、給与ソフト向けに出力したりできます。
出勤日数や有休日数などの項目ごとに利用する/しないを設定でき、また項目ごとに「詳細画面には出すが、給与ソフト向けには出力しない」「詳細画面には出さないが、給与ソフト向けには出力する」といった細かな設定も可能です。
たとえば、詳細画面では平日の出勤日数が確認できればよいが、給与計算では交通費計算のために休出も含めた出勤日数が必要な場合、詳細画面には平日の出勤日数を集計する「出勤日数」を表示し、給与ソフト向けには、「出勤日数」とは別に、休出日数も含めた出勤日数を集計する「出勤日数2」も出力するといったことが可能です。

タブレット タイムレコーダーで利用できる日数・回数

続きを読む >

2020/10/08/

【集計ルール設定:時間数】早出を集計する

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。【集計ルール設定】の記事シリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、【目次】集計ルール設定の解説記事一覧をご覧ください。
この記事では、早出を集計する設定について紹介していきます。

続きを読む >

2020/10/02/

【集計ルール設定:時間数】基準を超えた残業時間を集計する(月残業超過)

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。【集計ルール設定】の記事シリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、【目次】集計ルール設定の解説記事一覧をご覧ください。

この記事では、月残業超過の設定方法について解説します。

月残業超過とは

月残業超過とは、残業時間の月間累計のうち基準時間を超えた時間数のことです。給与計算の際、基準を超える残業時間に割増をつける場合などに、この項目を利用します。

たとえば、基準時間の設定が60時間で、残業の累計が61時間30分の場合、月残業超過は1時間30分になります。

以下のスクリーンショットでは、基準時間の設定が60時間で、9/23までの残業累計が59時間です。9/24の残業は2時間30分であり、残業累計が基準時間を超えた分である1時間30分が月残業超過に計上されています。9/25からは、残業累計が基準時間を超えているため、日ごとの残業時間はすべて月残業超過に計上されています。

また、基準時間は2種類まで設定できます。たとえば、基準時間を45時間、60時間に設定した場合、それぞれ45時間超、60時間超の残業時間を集計できます。

以下のスクリーンショットでは、基準時間が45時間と60時間に設定してあり、月残業超過1には45時間超の残業時間が、月残業超過2には60時間超の残業時間が集計されています。なお、このケースでは残業時間の累計が60時間を超えた分は、月残業超過1・2の両方に計上されます。

なお、休出は月残業超過には計上されません。タブレット タイムレコーダーの休日は法定休日扱いになるためです。法定休日労働には35%の割増がつき月残業超過の対象とはなりません。それ以外の休日における労働は、月残業超過の対象となります。
以下のスクリーンショットでは、9/26に休出が6時間集計されていますが、月残業超過には加算されていません。

続きを読む >

2020/09/28/

【集計ルール設定:休日】
平日と休日を区別する

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。【集計ルール設定】の記事シリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、【目次】集計ルール設定の解説記事一覧をご覧ください。

この記事では休日に関連する設定の方法について解説します。

「平日と休日を区別する」設定と集計ルール

タブレット タイムレコーダーでは平日と休日を区別して集計することができます。例えば、土日祝を休日に設定すると、平日と区別して、土日祝の出勤時間や休日出勤日数を集計することが可能です。これによって、土日祝の給与の時給を上げたり、休日出勤をした日数分の手当を支給するといったことができます。

続きを読む >

2020/08/06/

【集計ルール設定:時間数】利用する時間数の設定

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。【集計ルール設定】の記事シリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、【目次】集計ルール設定の解説記事一覧をご覧ください。

この記事では、利用する時間数の設定方法を解説します。

タブレット タイムレコーダーでは、集計した時間数を詳細画面で確認したり、給与ソフト向けに出力したりできます。
残業や休出などの項目ごとに利用する/しないを設定でき、また項目ごとに「詳細画面には出すが、給与ソフト向けには出力しない」「詳細画面には出さないが、給与ソフト向けには出力する」といった細かな設定も可能です。
たとえば、詳細画面では一日の残業時間の合計だけ確認できればよいが、給与計算では早出残業に手当てを付ける場合、詳細画面には「残業(合計)」を表示し、給与ソフト向けには「残業(合計)」「残業(早出)」を出力するといったことが可能です。

タブレット タイムレコーダーで利用できる時間数

続きを読む >

2020/07/18/

【集計ルール設定】日次アラートを利用する

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。【集計ルール設定】の記事シリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、【目次】集計ルール設定の解説記事一覧をご覧ください。

この記事では、打刻やその他のデータが問題ないかチェックする機能「日次アラート」の設定について紹介します。「日次アラート」は、打刻忘れでIN/OUTのどちらかだけがないデータなど、修正が必要なデータがないかを一目で確認する機能です。

日次アラートとは

日次アラートとは、適切ではない打刻などのデータをデータの出力前に一目でチェックすることができる機能です。具体的には詳細画面で下の画面イメージのように4種類のアラートを表示することができます。

  • A:打刻がペアになっていない
  • B:休日に休暇が登録されている
  • C:休暇または欠勤日に勤務データがある
  • D:平日または半休に勤務データがない

また、タップすると下の図のようにチェックの内容が表示されます。

この記事ではまず、日次アラートの設定方法を説明します。その後、アラートの意味や解消方法について解説します。なお、集計ルールによって必要なアラートは異なるので、メンバー種別によって必要な日次アラートだけを表示するよう設定することができます。集計ルールによって、どのアラートを表示させるべきかも解説します。

続きを読む >

2020/05/12/

【集計ルール設定】欠勤を利用する

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。【集計ルール設定】の記事シリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、【目次】集計ルール設定の解説記事一覧をご覧ください。
この記事では、欠勤の利用方法を解説します。

欠勤を利用するか否か

給与計算や勤務実績の評価などで欠勤日数が必要な場合は、欠勤を利用します。

給与計算には、大きく2パターンが考えられます。

  1. 月給制:基本給があり、欠勤や遅刻、早退は控除して給与計算するパターン
  2. 時給制:働いた時間数で給与計算するパターン

控除のために欠勤を使う必要があるのは、(1)月給制が多いです。(2)時給制では、働いた時間数を積み上げて給与計算するので、必ずしも欠勤を利用する必要はありません。

続きを読む >

2020/03/10/

【集計ルール:遅刻早退】
遅刻早退の集計設定

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。このシリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、このシリーズをご覧ください。
この記事では、遅刻早退の設定方法について解説します。その他の集計ルール設定については【目次】集計ルール設定の解説記事一覧をご覧ください。

遅刻早退の管理には、自動と手動があります。
自動で管理する場合は、所定設定が必要です。所定が時間帯で指定されているか、時間数で指定されているかで、遅刻早退の自動集計の動作が異なります。
また、手動で管理する場合も、集計ルール設定で遅刻早退の利用をオンにする必要があります。

遅刻早退の集計について

遅刻時間と早退時間をあわせて遅早退時間といいます。タブレット タイムレコーダーでは、遅早退時間と、遅刻早退が発生した回数を集計することができます。

タブレット タイムレコーダーでは、遅刻早退の時間数と回数を管理できる。

集計ルール設定で遅早退の自動集計のオン・オフを切り替えることができ、自動集計をオンにすると、遅刻早退は所定に基づいて自動で集計されます。遅刻早退の自動集計は、所定勤務の指定方法によって、以下の2パターンが可能です。

  • 所定勤務の指定方法が「時間帯」の場合
  • 所定勤務の指定方法が「時間数」の場合

自動集計がオフの場合も、遅早退時間などを手動で登録することができます。
以降の節では、この2パターンの集計方法を紹介した後、具体的な設定方法を説明します。

なお、所定の詳しい設定方法につきましては、所定と関連の集計設定をご覧ください。

続きを読む >

1 2 3