×
ブログ

2021/06/23/

「有休」と「有給」の違いは?同じようで少し異なる用語を解説

有給休暇の略称は?と聞かれると、みなさんは「有休」と「有給」のどちらが思い浮かぶでしょうか。どちらも読み方は「ゆうきゅう」ですが、いざこのように聞かれるとどっちが正しいか迷ってしまう人も多いと思います。

加えて、この有給休暇。実は、法で定められたものもあれば、各企業独自のものもあります。法で定められている有給休暇は、正式名称を「年次有給休暇」と言い、「年休」などとも略されます。

今回の記事では、この年次有給休暇を中心に有給休暇の呼称について、「有休」と「有給」を軸に「年休」などの略称も合わせて簡単に紹介していきます。

「有休」と「有給」、どちらが正しい?

早速答えになりますが、年次有給休暇の略称として「有休」や「有給」は一般的に使用されており、どちらかが間違っているというわけではありません。
言葉の定義としては、それぞれ以下のようになります。

  • 有休=有給休暇の略
  • 有給=給料があること/有給休暇の略

このように、「有給」には有給休暇としての意味だけではなく、「有給の研修」などといったように「給料があること」の意味も含まれているので、お休みを意味する言葉としては、「有休」の方がより正確です。

ただ、はじめに述べたように、「有休」も「有給」も間違いではありませんので、使用するにあたっては企業の慣例に従うと良いでしょう。

実際、厚生労働省のWebサイトや資料でも、「有休」「有給」「年休」といった複数の略称が使用されています。

「私の会社では有給休暇を取得すると賞与の査定にあたってマイナスに評価されてしまいます。会社は有休を取得しなかっただけ多く働いたのだから当然と言っていますが、これは法律上問題ないのでしょうか。」

「年次有給休暇とはどのような制度ですか。パートタイム労働者でも有給があると聞きましたが、本当ですか。」

「年休取得日数の計算方法」

言葉の定義以外の視点では、他の休暇の略称との統一感があります。例えば、「育児休暇」=「育休」などと略すことが多いので、「有休」の方が統一感はとれているという考え方もあるでしょう。

なお、当社の勤怠管理アプリ「タブレット タイムレコーダー」では、「有休」という略称を使用しています。

「年休」など、「有休」・「有給」以外の略称もある

年次有給休暇の略称として「有休」「有給」と同じように使われている言葉に以下のようなものがあります。

  • 「年休」
  • 「年次休暇」
  • 「年次有休」

では、こうした語と「有休」「有給」は通常どのように使い分けられるのでしょうか。

一般に「有休」「有給」といえば、労働法で定められる年次有給休暇を指すことが多いですが、企業独自の有給休暇も指す場合があります。先ほど紹介したように「有休」の言葉としての定義はあくまで有給休暇だからです。

このような企業が独自に定める有給休暇(例えば、「特別休暇」「慶弔休暇」など)がある場合、法定の年次有給休暇を「年休」や「年次休暇」と呼ぶことでそれぞれを明確に区別することができます。

ただ「年休」という言葉が耳なじみしないという人も中には多いかもしれません。会社独自の休暇と混同しないように注意は必要ですが、呼称についてはやはり各企業の慣例に合わせて「有休」や「年休」とする方がよさそうです。

なお、年次有給休暇については、2019年4月の働き方改革関連の法改正で、取得義務(付与日数が10日以上の場合、付与した日から1年以内に5日の取得が義務となる)が定められました。これをきちんと管理するためにも、法定の年次有給休暇とそれ以外の有給休暇を混同しないように呼称をしっかり定めて管理を行う方が、勤怠管理上は望ましいです。

※参考:労働基準法における年次有給休暇
年次有給休暇は労働基準法第三十九条によって以下のように定められています。

労働基準法

第三十九条 
使用者は、その雇入れの日から起算して六箇月間継続勤務し全労働日の八割以上出勤した労働者に対して、継続し、又は分割した十労働日の有給休暇を与えなければならない。

 

上記の他に以下のような内容も定められています。

  • 付与日数のルール
  • 時間単位の有給休暇の条件
  • 年5日取得義務
  • 時季の指定
    etc……

特に年次有給休暇の取得義務化については、その他の働き方改革関連の法改正の紹介と合わせて、解説記事もありますので合わせてご覧いただければと思います。

いまさら聞けない!?働き方改革に伴う労働法改正内容の詳細解説