ブログ

2019.01.18/

【集計ルール設定:時間数】
時間まるめ(各種時間数の切り上げ/切り捨て)

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。このシリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、このシリーズをご覧ください。
この記事では、時間まるめについてとその設定方法を解説します。

時間まるめとは

時間まるめとは、日単位、月単位の各種の時間数の集計結果を一定の単位で切り上げ/切り捨てすることです。例えば以下のようなものです。

  • 日単位で残業時間数を15分単位で集計したい場合、ある日の残業が1h23m(1時間23分)だった場合に、1h15mにする
  • 月単位で残業時間数を1時間単位にしたい場合、17h18mを17hにする

打刻まるめの集計ルール設定のブログ記事では、打刻時刻を切り上げ/切り捨て(打刻まるめ)する方法を紹介しました。しかし、打刻まるめではなく時間まるめをしたいケースもあるため、タブレット タイムレコーダーでは時間まるめもできるようになっています。打刻まるめの場合と時間まるめの場合で計算結果が異なるのは以下の例1、2のような場合があります。

 ●まるめ方式によって計算結果が異なる例1
  休憩の際に打刻をする運用の場合
  IN 9:00、OUT 12:08、IN 12:52、OUT 18:00

   ①打刻をまるめず、日単位で総時間を15分単位とする場合
    1ペア目:9:00~12:08 ⇒ 3h08m
    2ペア目:12:52~18:00 ⇒ 5h08m
    日合計:3h08m+5h08m=8h16m ⇒(15分まるめ)⇒ 8h15m 

   ②打刻の時刻を15分でまるめる場合
    まるめ前 IN 9:00、OUT 12:08、IN 12:52、OUT 18:00
    まるめ後 IN 9:00、OUT 12:00、IN 13:00、OUT 18:00

    1ペア目:9:00~12:00 ⇒ 3h00m
    2ペア目:13:00~18:00 ⇒ 5h00m
    日合計:3h00m+5h00m=8h00m

   この例ではまるめ方式によって日合計の時間数が異なります。ルールは法人によって異なりますので、確認して設定してください。

 ●まるめ方式によって計算結果が変わる例2
   終業時刻17:15 それ以降の勤務が残業
   残業の時間数:日単位で30分単位切り捨て

  ①打刻30分まるめとした場合
   OUT 17:32 →(30分まるめ)→ OUT 17:30 ⇒ 残業15m
   OUT 17:49 →(30分まるめ)→ OUT 17:30 ⇒ 残業15m
   OUT 18:06 →(30分まるめ)→ OUT 18:00 ⇒ 残業45m

  ②残業時間数を30分まるめとした場合
   OUT 17:32 ⇒ 残業17m →(30分まるめ)→ 残業0m
   OUT 17:49 ⇒ 残業34m →(30分まるめ)→ 残業30m
   OUT 18:06 ⇒ 残業51m →(30分まるめ)→ 残業30m

   上記①の設定では、17:15以降の残業を30分単位で計算したいというニーズにこたえられていません。この場合には②のように時間まるめの設定が必要です。

また日単位では1分単位で計算するが、月単位で時間数をまるめたい、という以下のようなケースもあります。

  • 残業の月合計の時間数を1分単位で計算して14h49mの時に、月単位では、30分単位切り捨てして14h30mにする
  • 月単位で1時間単位にまるめるが、分単位の端数が30分未満なら切り捨て、30分以上なら切り上げ

設定方法

この章では、集計ルール設定画面を開いた以降の操作方法を説明しています。集計ルール設定画面への移動方法は、とりあえずやってみようをご覧ください。

この章では、各種時間数を日単位、月単位でまるめる設定方法を紹介します。例として以下の3種類を取り上げます。

  1. 残業を、打刻まるめなしで、毎日15分でまるめる
    (1h18mの残業を1h15mに)
  2. 残業を、打刻まるめなしで、日単位でもまるめず、月の合計値を30分を境に1時間単位でまるめる
    (32h26mの残業を32hに、32h31mの残業を33hに)
  3. 残業を、打刻まるめなしで、毎日15分でまるめた上に、さらに月の合計を30分単位でまるめる
    (日単位の1h18mの残業を1h15mに、月合計の23h45mの残業を23h30mに)

例はすべて残業としましたが、総時間、深夜など、他の項目も同様に設定可能です。また、今回は、すべて打刻まるめなしとしていますが、打刻まるめとの組み合わせも可能です。例えば、打刻を5分単位でまるめた上で、時間を15分でまるめる(7h50mの総時間を7h45mに)ということも可能です。

時間数の項目設定画面を開く方法

  • 時間数 > (設定する項目)

※「時間数」をタッチするだけでは項目が出てこない場合、

  • 時間数 > 詳細設定 > (設定する項目)
  • の順にタッチすると、時間数の項目設定画面に移動できます。



    時間まるめの設定方法

    残業を、打刻まるめなしで、毎日15分でまるめる
    (1h18mの残業を1h15mに)

    まず、前の節で紹介した、時間数の項目設定画面に移動し、以下のように設定します。

    • 詳細設定 > 日次まるめ > まるめ単位 > 15分

    • 詳細設定 > 日次まるめ > まるめ方法 > 切り捨て


    最終的に以下のようになれば完了です。


    この場合にメンバー別画面で実際にまるめられるかを確認します。下の図の例では、「総時間」はまるめない、「残業」は8時間を超えた時間数と設定されています。


    1h18mの残業が1h15mにまるめられました。

    残業を、打刻まるめなしで、日単位でもまるめず、月の合計値を30分を境に1時間単位でまるめる
    (32h26mの残業を32hに、32h31mの残業を33hに)

    まず、前の節で紹介した、時間数の項目設定画面に移動し、以下のように設定します。

    • 詳細設定 > 月次まるめ > まるめ単位 > 60分
    • 詳細設定 > 月次まるめ > まるめ方法 > 未満切り捨て・以上切り上げ
    • 詳細設定 > 月次まるめ > 未満切り捨て・以上切り上げの境界値 > 30分


    最終的に以下のようになれば完了です。


    この場合にメンバー別画面で実際にまるめられるかを確認します。下の図の例では、「総時間」はまるめない、「残業」は8時間を超えた時間数と設定されています。



    上下どちらの図も日々の残業はまるめられていません。しかし、残業の月合計は3h26mが3hに、3h33mの残業が4hにまるめられています。

    残業を、打刻まるめなしで、毎日15分でまるめた上に、さらに月の合計を30分単位でまるめる
    (日単位の1h18mの残業を1h15mに、月合計の23h45mの残業を23h30mに)

    まず、前の節で紹介した、時間数の項目設定画面に移動し、以下のように設定します。

    • 詳細設定 > 日次まるめ > まるめ単位 > 15分
    • 詳細設定 > 日次まるめ > まるめ方法 > 切り捨て

    (日次まるめの設定は1.と同じです。)

    • 詳細設定 > 月次まるめ > まるめ単位 > 30分
    • 詳細設定 > 月次まるめ > まるめ方法 > 切り捨て


    この場合にメンバー別画面で実際にまるめられるかを確認します。下の図の例では、「総時間」はまるめない、「残業」は8時間を超えた時間数と設定されています。


    まず、日々では15分単位にまるめられています。(1h18mの残業が1h15m、22mの残業が15m、1h53mの残業が1h45m)。さらに月合計では、この3日間を合計すると、3h15mになりますが、3hにまるめられています。

    みなさんにあった例はありましたか?もし見つからなければ、サポーターフォーラムよりお気軽にお問い合わせください。