×
ブログ

2018/11/30/

【集計ルール設定】打刻まるめを設定する(打刻時刻の切り上げ/切り捨て)

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。【集計ルール設定】の記事シリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を解説していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、【目次】集計ルール設定の解説記事一覧をご覧ください。

この記事では、打刻まるめについてとその設定方法を解説します。

打刻まるめとは

打刻まるめとは、打刻時刻を決められた単位でキリの良い時刻に切り上げたり、切り捨てたりして、端数処理することです。例えば、始業打刻が8:43のとき、単位を15分とした場合(15分まるめ)では8:45、30分とした場合(30分まるめ)では9:00にまるめ処理されます。また、終業打刻が18:19のときは、15分まるめでは18:15、30分まるめでは18:00とまるめ処理されます。
そのほか、所定始業時刻より早いIN打刻を始業時刻とするのも打刻まるめの一種です。例えば、9:00が所定始業時刻の場合、8:11のIN打刻を9:00にまるめます。

まるめ単位は企業によって様々です。15分、30分単位でまるめ処理をしているということもあれば、1分単位で計算していることもあるでしょう。また、「始業は15分単位だが、終業は5分単位」というように、始業と終業で異なる場合もあると思います。打刻まるめのルールは企業ごとの働き方にあった方法をとることが重要です。ルールの決め方や例についてはよくわかる打刻まるめ解説 まるめとは何か〜ルールの決め方までをご覧ください。

この記事では、例として以下の3種類の設定方法を解説します。

  1. IN打刻を15分単位でまるめ、OUT打刻をまるめない
  2. 所定始業時刻を9:00とし、それ以前のIN打刻を所定始業時刻にまるめる
  3. 出勤・退勤は15分単位でまるめるが、それ以外の打刻はまるめない

設定方法

この章では、集計ルール設定画面を開いた後の操作方法を説明します。
集計ルール設定画面へは以下の順にタッチして移動します。

  • 管理 > メニュー > メンバー種別・集計ルール > (設定したいメンバー種別) > 集計ルール

IN打刻を15分単位でまるめ、OUT打刻をまるめない

この場合、集計ルールは以下のように設定します。

  • 打刻まるめ > IN打刻 まるめ単位:15分
  • 打刻まるめ > OUT打刻 まるめ単位:まるめない

なお、初期設定では、IN打刻は切り上げ(8:47→9:00)、OUT打刻は切り捨て(18:13→18:00)でまるめられます。逆に、IN打刻を切り捨て、OUT打刻を切り上げにしたい場合には、

  • 打刻まるめ > 詳細設定 > IN打刻 まるめ方法:切り捨て
  • 打刻まるめ > 詳細設定 > OUT打刻 まるめ方法:切り上げ

とすることでまるめの方法が変わります。

所定始業時刻を9:00とし、それ以前のIN打刻を所定始業時刻にまるめる

所定始業時刻まるめを利用するには、所定を時間帯とする設定が必要です。まずその設定のため、所定時間帯を以下のように設定します。

  • 所定 > 所定勤務の指定方法:時間帯
  • 所定 > 始業時刻:9:00
  • 所定 > 終業時刻:18:00

続いて、所定始業時刻まるめを設定します。

  • 打刻まるめ > 詳細設定 > 所定始業時刻まるめ:ON

なお、所定始業時刻まるめを日ごとに解除することもできます。
例えば、通常は9:00より前に勤務が発生することはないが、ある日特別に8:00からの勤務となった場合、その人のメンバー別詳細画面で解除登録します。所定始業時刻まるめの利用をオンにすると、画面を右にスクロールした先に、「始業打刻まるめ解除」という列が表示されます。まるめ解除する日のチェックボックスにチェックを入れると所定始業時刻まるめが解除されます。
なお、所定始業時刻まるめを解除してもIN打刻まるめに設定されている打刻まるめは行われます。例えばIN打刻まるめが15分に設定されているときに始業打刻まるめを解除すると、7:46→8:00のようにまるめられます。

出勤・退勤は15分単位でまるめるが、それ以外の打刻はまるめない

出勤・退勤以外に休憩の入・戻などで打刻をする運用もあります。このとき、出勤・退勤の打刻はまるめるが、休憩の打刻はまるめないという設定です。
出勤・退勤は15分単位でまるめ、休憩の打刻はまるめない場合、
【打刻】IN:8:47 OUT:12:03 IN:12:58 OUT:18:13
【まるめ結果】IN:9:00 OUT:12:03 IN:12:58 OUT:18:00
とまるめられます。

まずは「IN打刻を15分単位でまるめ、OUT打刻をまるめない場合」を参考にして、IN打刻とOUT打刻を15分単位でまるめるよう、以下の設定をします。

  • 打刻まるめ > IN打刻 まるめ単位:15分
  • 打刻まるめ > OUT打刻 まるめ単位:15分

続いて、以下のように設定します。

  • 打刻まるめ > 詳細設定 > 出勤・退勤以外の打刻まるめ > 出勤退勤以外の打刻まるめを設定する:ON
  • 打刻まるめ > 詳細設定 > 出勤・退勤以外の打刻まるめ > 出勤以外のIN打刻 まるめ単位:まるめない
  • 打刻まるめ > 詳細設定 > 出勤・退勤以外の打刻まるめ > 退勤以外のOUT打刻 まるめ単位:まるめない

 

なお、打刻した時刻のまるめだけではなく、集計した時間数をまるめ処理する設定も可能です。例えば、残業を15分単位切り捨てとする(59分→45分)などです。詳しい設定方法は、【集計ルール設定】時間まるめを設定する(各種時間数の切り上げ/切り捨て)をご覧ください。

 
みなさんにあった例はありましたでしょうか?もしご不明点がございましたら、サポーターフォーラムよりお気軽にお問い合わせください。

こちらの記事もオススメです

(記事最終更新:2022/7/23)

iPadでタイムレコーダー
月額0円の勤怠管理