ブログ

2020/08/06/

【集計ルール設定:時間数】利用する時間数の設定

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。【集計ルール設定】の記事シリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、【目次】集計ルール設定の解説記事一覧をご覧ください。

この記事では、利用する時間数の設定方法を解説します。

タブレット タイムレコーダーでは、集計した時間数を詳細画面で確認したり、給与ソフト向けに出力したりできます。
残業や休出などの項目ごとに利用する/しないを設定でき、また項目ごとに「詳細画面には出すが、給与ソフト向けには出力しない」「詳細画面には出さないが、給与ソフト向けには出力する」といった細かな設定も可能です。
たとえば、詳細画面では一日の残業時間の合計だけ確認できればよいが、給与計算では早出残業に手当てを付ける場合、詳細画面には「残業(合計)」を表示し、給与ソフト向けには「残業(合計)」「残業(早出)」を出力するといったことが可能です。

タブレット タイムレコーダーで利用できる時間数

総時間

残業を含む勤務全体の時間数です。
たとえば、平日の9:00から20:00までの勤務で、休憩が12:00から13:00の1時間の場合、総時間は10時間になります。

また、詳細設定から、「休出」および「有休」「特休(有給)」の時間を含めるかどうか指定できます。これについては、以下の記事で詳しく解説しています。

普通

平日の、残業ではない勤務時間数です。
たとえば、所定が8時間、休憩が12:00から13:00の1時間で、平日の9:00から17:00まで勤務した場合、「普通」は7時間になります。所定と休憩は上と同じで、勤務時間が9:00から19:00までの場合は、18:00以降の勤務は残業になり、「普通」は8時間になります。

詳細設定から、「休出」および「有休」「特休(有給)」の時間を含めるかどうか指定できます。これについては、以下の記事で詳しく解説しています。

また、「深夜残業」を利用する場合は、深夜時間帯(22:00から翌5:00)の勤務時間数を除きます。

残業/残業(合計)

平日の残業に当たる勤務時間数です。
「所定勤務の指定方法」が”時間帯”、「残業の定義」が”所定外の勤務”で、後述する「残業(早出)」または「残業(早出以外)」を利用する場合は、名称が「残業(合計)」に自動で変わります。

残業の具体的な設定につきましては、以下の記事で詳しく解説しています。

深夜

深夜時間帯(22:00から翌5:00)における勤務時間数です。
たとえば、21:00から翌6:00まで勤務し、翌0:00から翌1:00まで休憩した場合、深夜時間は6時間になります。

休出

休日の勤務時間です。
たとえば、休日に9:00から20:00まで勤務し、12:00から13:00まで休憩した場合、休出は10時間になります。

遅早退時間

遅刻・早退の時間数です。

遅刻早退の設定方法につきましては、以下の記事で詳しく解説しています。

通常休憩

通常時間帯(5:00~22:00)における休憩時間数です。

深夜休憩

深夜時間帯(22:00~翌5:00)における休憩時間数です。

総時間2

「総時間」と同じです。
「休出」を含む総時間と含まない総時間の両方が必要な場合、および「有休」「特休(有給)」を含む総時間と含まない総時間の両方が必要な場合、「総時間」と併用します。たとえば、画面上には「有休」「特休(有給)」を含まない総時間を表示するが、給与向け出力には含んだ総時間を出力する場合などです。

残業(早出)

「残業」のうち始業前の勤務時間数です。
「所定勤務の指定方法」が”時間帯”、「残業の定義」が”所定外の勤務”の場合に利用できます。
詳細につきましては、以下の記事で詳しく解説しています。

残業(早出以外)

「残業」のうち終業後の勤務時間数です。
「所定勤務の指定方法」が”時間帯”、「残業の定義」が”所定外の勤務”の場合に利用できます。
詳細につきましては、以下の記事で詳しく解説しています。

深夜残業

深夜時間帯(22:00から翌5:00)における残業に当たる時間数です。

「『深夜残業』を利用する」がオンの場合に利用できます。

深夜残業の設定方法につきましては、以下の記事で詳しく解説しています。

深夜残業(早出)

深夜時間帯(22:00から翌5:00)における始業前の残業に当たる時間数です。

「所定勤務の指定方法」が”時間帯”、「残業の定義」が”所定外の勤務”で、「『深夜残業』を利用する」がオンの場合に利用できます。

深夜残業(早出以外)

深夜時間帯(22:00から翌5:00)における終業後の残業に当たる時間数です。

「所定勤務の指定方法」が”時間帯”、「残業の定義」が”所定外の勤務”で、「『深夜残業』を利用する」がオンの場合に利用できます。

休出深夜

休日の深夜時間帯(22:00から翌5:00)における勤務時間数です。

「『深夜残業』を利用する」がオンの場合に利用できます。
深夜残業の設定方法につきましては、以下の記事で詳しく解説しています。

遅刻時間

始業時刻に対する遅刻時間です。

「所定勤務の指定方法」が”時間帯”の場合に利用できます。”時間帯”でない場合は、遅刻と早退の区別がつかないため、利用できません。

遅刻早退の設定方法につきましては、以下の記事で詳しく解説しています。

早退時間

終業時刻に対する早退時間です。

「所定勤務の指定方法」が”時間帯”の場合に利用できます。”時間帯”でない場合は、遅刻と早退の区別がつかないため、利用できません。

遅刻早退の設定方法につきましては、以下の記事で詳しく解説しています。

週残業

「普通」の週合計における基準時間を超えた分の時間数です。

週残業の設定方法につきましては、以下の記事で詳しく解説しています。

月残業超過1・2

残業時間の月合計のうち、基準時間を超えた分の時間数です。

月残業超過の設定方法につきましては、以下の記事で詳しく解説しています。

利用する時間数の設定方法

この章では、集計ルール設定画面を開いた後の操作方法を説明します。
集計ルール設定画面へは以下の順にタッチして移動します。

  • 管理 > メニュー > メンバー種別・集計ルール > (設定したいメンバー種別) > 集計ルール

項目を利用する

項目を利用するには、以下のように操作します。

「総時間」「普通」「残業」「深夜」「休出」「遅早退時間」「通常休憩」「深夜休憩」の項目を利用する場合は、以下のように操作します。

  • 時間数 > (利用する項目):「利用する」をオンにする

上記以外の項目を利用する場合は、以下のように操作します。

  • 時間数 > 詳細設定 >(利用する項目):「利用する」をオンにする
時間数をタッチ
「利用する」をオンにする

画面に表示する/給与ソフト向けに出力する

利用する項目を画面に表示または給与ソフト向けに出力するには、以下のように操作します。

まず、利用する項目の詳細設定画面に移動します。

  • 時間数 > (利用する項目) > 詳細設定
詳細設定をタッチ

画面に表示する場合は、「画面に表示」をオンにします。
給与ソフト向けに出力する場合は、「給与ソフト向けに出力」をオンにします。

「画面に表示」または「給与ソフト向けに出力」をオンにする

日次まるめと月次まるめ

まるめとは、各種の時間数の集計結果を一定の単位で切り上げ/切り捨てすることです。たとえば、以下のようなものです。

  • 日単位で残業時間を15分単位で集計するため、残業の日合計が1時間23分だった場合、1時間15分にする。
  • 月単位で残業時間を1時間単位で集計するため、残業の月合計が17時間18分だった場合、1時間にする。

集計された時間数を日次または月次でまるめるには、以下のように操作します。

  • 時間数 > (利用する項目) > 詳細設定 > 日次まるめ/月次まるめ
「日次まるめ」または「月次まるめ」をタッチ

「まるめ単位」と「まるめ方法」を選択します。

「まるめ単位」「まるめ方法」を選択

時間まるめのより詳しい設定に関しては、以下の記事で解説しています。

 

みなさんにあった例はありましたでしょうか?もしご不明点がございましたら、サポーターフォーラムよりお気軽にお問い合わせください。