×
ブログ

2019/12/23/

【集計ルール設定】深夜残業を残業に含めずに集計する
(「休出深夜を休出に含めない」/「深夜を普通に含めない」も含む)

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。【集計ルール設定】の記事シリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を解説紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、【目次】集計ルール設定の解説記事一覧をご覧ください。

この記事では、深夜残業を残業に含めずに集計する/休出深夜を休出に含めずに集計する/深夜を普通に含めずに集計する設定方法について解説します。

深夜残業を残業に含めない集計とは

深夜残業とは、深夜時間帯(22:00から翌5:00)における残業時間数です。深夜残業を残業の内数とするか外数とするかは、給与の割増方法によって異なります。

内数とは、「他の項目に含まれている数」という意味です。外数とは、内数とは逆に「他の項目に含まれていない数」です。
例えば、18:00-翌0:00に残業を行った場合、残業は6時間、その内深夜は2時間です。残業6時間、深夜2時間と集計する場合、深夜は残業の内数です。これを残業4時間、深夜残業2時間と集計したい場合もあります。この場合は、深夜残業は残業の外数となります。図で表すと下のようになります。

同じように、普通と深夜についても、普通6時間、深夜2時間と集計したい場合と、普通4時間、深夜2時間と集計したい場合があります。休出6時間と深夜2時間、休出4時間と休出深夜2時間も同様です。

タブレット タイムレコーダーでは、デフォルトでは深夜は、普通、残業、休出などの各種集計項目の内数として集計されますが、深夜残業や休出深夜を残業に含めないで集計することができます。
設定方法については次の章で解説します。

設定方法

この章では、集計ルール設定画面を開いた後の操作方法を説明します。

集計ルール設定画面へは以下の順にタッチして移動します。

  • 管理 > メニュー > メンバー種別・集計ルール > (設定したいメンバー種別) > 集計ルール

深夜残業を残業に、休出深夜を休出に含めずに集計するには、図に示す通り以下のように設定します。

  • 詳細設定:『「深夜残業」を利用する』をONにする

『「深夜残業」を利用する』がOFFの場合とONの場合でどのように集計が変化するかをメンバー別詳細画面を見て確認します。例として以下のようなケースを考えます。

  • 12/1:IN:9:00 OUT:翌0:00 残業6時間(内深夜2時間)
  • 12/2:IN:18:00 OUT:翌0:00 普通6時間(内深夜2時間)
  • 12/3:IN:18:00 OUT:翌0:00 休出6時間(内深夜2時間)

『「深夜残業」を利用する』がOFFの場合、下のスクリーンショットのように、12/1の残業が6時間、深夜が2時間になります。同様に、12/2は普通が6時間、深夜が2時間、12/3は休出6時間、深夜が2時間です。

一方、『「深夜残業」を利用する』をONにした場合、下のスクリーンショットのように、「深夜残業」と「休出深夜」の列が追加され、「普通」、「残業」、「深夜」、「休出」の計算方法が変化します。12/1の残業は6時間ではなく4時間となり、新たに追加された深夜残業に2時間が集計されます。同様に、12/2は普通が4時間、深夜が2時間、12/3は休出が4時間、休出深夜が2時間です。

みなさんにあった例はありましたでしょうか?もしご不明点がございましたら、サポーターフォーラムよりお気軽にお問い合わせください。

こちらの記事もオススメです

 

(記事最終更新:2022/4/26)

iPadでタイムレコーダー
月額0円の勤怠管理