ブログ

2020.05.12/

【集計ルール設定】欠勤を利用する

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。【集計ルール設定】の記事シリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、【目次】集計ルール設定の解説記事一覧をご覧ください。
この記事では、欠勤の利用方法を解説します。

欠勤を利用するか否か

給与計算や勤務実績の評価などで欠勤日数が必要な場合は、欠勤を利用します。

給与計算には、大きく2パターンが考えられます。

  1. 月給制:基本給があり、欠勤や遅刻、早退は控除して給与計算するパターン
  2. 時給制:働いた時間数で給与計算するパターン

控除のために欠勤を使う必要があるのは、(1)月給制が多いです。(2)時給制では、働いた時間数を積み上げて給与計算するので、必ずしも欠勤を利用する必要はありません。

欠勤を利用する設定方法

この章では、集計ルール設定画面を開いた後の操作方法を説明します。
集計ルール設定画面へは以下の順にタッチして移動します。

  • 管理 > メニュー > メンバー種別・集計ルール > (設定したいメンバー種別) > 集計ルール

欠勤日数は2つの方法でカウントできます。

  • 手動判定:「欠勤」が登録された日のみをカウントする
  • 自動判定:平日に勤務がない日をカウントする

ただし自動判定では、手動で「欠勤」が登録された日もカウントされます。

なお、ここでいう「平日」は、詳細画面で「平日」が登録されているか、カレンダーが休日ではない日のことです。ただし、詳細画面でその日に「休日」が登録された場合は、休日扱いになります。

欠勤を利用する

欠勤を利用するには、次のように設定します。この設定をすると、詳細画面で欠勤を登録できるようになります。なお、欠勤の利用有無と、欠勤日数の表示・出力は別の設定項目ですので、ご注意下さい。

  • 欠勤:「欠勤を利用する」をONにする

手動判定のみの場合は、この設定でカウントできるようになります。さらに、欠勤を自動判定するには、次のように設定します。なお、「欠勤を自動判定する」がOFFの場合も、手動で欠勤を登録することはできます。

  • 欠勤:「欠勤を自動判定する」をONにする
「欠勤を利用する」「欠勤を自動判定する」をONにする。
  • 日数・回数 > 欠勤日数:「利用する」をONにする
欠勤日数の「利用する」をONにする。

以上の設定をすると、詳細画面で欠勤日数が表示され、欠勤が登録できるようになります。
欠勤を編集するには、編集する行の遅早退・欠勤の入力欄をタッチし、登録したい選択肢を選びます。

詳細画面で欠勤を登録し、欠勤日数を表示する。

 

みなさんにあった例はありましたでしょうか?もしご不明点がございましたら、サポーターフォーラムよりお気軽にお問い合わせください。