ブログ

2019.01.18/

【集計ルール設定:時間数】
時間まるめ(各種時間数の切り上げ/切り捨て)

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。このシリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、このシリーズをご覧ください。
この記事では、時間まるめについてとその設定方法を解説します。その他の集計ルール設定については「集計ルール設定(目次)」をご覧ください。

時間まるめとは

時間まるめとは、日単位、月単位の各種の時間数の集計結果を一定の単位で切り上げ/切り捨てすることです。例えば以下のようなものです。

  • 日単位で残業時間数を15分単位で集計したい場合、ある日の残業が1h23m(1時間23分)だった場合に、1h15mにする
  • 月単位で残業時間数を1時間単位にしたい場合、17h18mを17hにする

打刻まるめの集計ルール設定のブログ記事では、打刻時刻を切り上げ/切り捨て(打刻まるめ)する方法を紹介しました。しかし、打刻まるめではなく時間まるめをしたいケースもあるため、タブレット タイムレコーダーでは時間まるめもできるようになっています。打刻まるめの場合と時間まるめの場合で計算結果が異なるのは以下の例1、2のような場合があります。

 ●まるめ方式によって計算結果が異なる例1
  休憩の際に打刻をする運用の場合
  IN 9:00、OUT 12:08、IN 12:52、OUT 18:00

   ①打刻をまるめず、日単位で総時間を15分単位とする場合
    1ペア目:9:00~12:08 ⇒ 3h08m
    2ペア目:12:52~18:00 ⇒ 5h08m
    日合計:3h08m+5h08m=8h16m ⇒(15分まるめ)⇒ 8h15m 

   ②打刻の時刻を15分でまるめる場合
    まるめ前 IN 9:00、OUT 12:08、IN 12:52、OUT 18:00
    まるめ後 IN 9:00、OUT 12:00、IN 13:00、OUT 18:00

    1ペア目:9:00~12:00 ⇒ 3h00m
    2ペア目:13:00~18:00 ⇒ 5h00m
    日合計:3h00m+5h00m=8h00m

   この例ではまるめ方式によって日合計の時間数が異なります。ルールは法人によって異なりますので、確認して設定してください。

 ●まるめ方式によって計算結果が変わる例2
   終業時刻17:15 それ以降の勤務が残業
   残業の時間数:日単位で30分単位切り捨て

  ①打刻30分まるめとした場合
   OUT 17:32 →(30分まるめ)→ OUT 17:30 ⇒ 残業15m
   OUT 17:49 →(30分まるめ)→ OUT 17:30 ⇒ 残業15m
   OUT 18:06 →(30分まるめ)→ OUT 18:00 ⇒ 残業45m

  ②残業時間数を30分まるめとした場合
   OUT 17:32 ⇒ 残業17m →(30分まるめ)→ 残業0m
   OUT 17:49 ⇒ 残業34m →(30分まるめ)→ 残業30m
   OUT 18:06 ⇒ 残業51m →(30分まるめ)→ 残業30m

   上記①の設定では、17:15以降の残業を30分単位で計算したいというニーズにこたえられていません。この場合には②のように時間まるめの設定が必要です。

また日単位では1分単位で計算するが、月単位で時間数をまるめたい、という以下のようなケースもあります。

  • 残業の月合計の時間数を1分単位で計算して14h49mの時に、月単位では、30分単位切り捨てして14h30mにする
  • 月単位で1時間単位にまるめるが、分単位の端数が30分未満なら切り捨て、30分以上なら切り上げ

続きを読む >

2018.12.25/

【機能紹介】写真一覧

 
タブレット タイムレコーダーでは、管理画面を開くとまず最初に「写真一覧」が表示されます。
「写真一覧」では、打刻したメンバーの最近の様子を一目で把握できます。
また、メンバー別やIN/OUTでの絞り込みをしたり、素敵な写真をお気に入りに登録したりすることも可能です。

そんな「写真一覧」機能で、具体的にどんなことができるのか、その詳細や活用法を紹介します。

続きを読む >

2018.11.30/

書籍紹介:「89の証言集」

日本におけるパクチーブームの火付け役であり、また東京におけるコワーキングスペースの先駆者でもある佐谷恭さんがまとめた本、「89の証言集」をご紹介します。

89の証言集

佐谷さんのお店「パクチーハウス」は、東京の世田谷区、経堂(きょうどう)という場所にある、世界初のパクチー専門料理店でした。またその上の階には、こちらも佐谷さんが経営するPAX Coworkingというコワーキングスペースがありました。

そしてパクチーハウスでも、PAX Coworkingでも、タブレット タイムレコーダーをご利用いただいていました。

残念ながらどちらも、2018年3月に閉店してしまっていますが、当時の様子や雰囲気は、タブレット タイムレコーダーのプロモーション動画でご覧いただくことができます。
タブレット タイムレコーダー紹介動画

https://www.youtube.com/watch?v=0CMdkpCeEJg&feature=youtu.be

 

「89の証言集」は、パクチーハウスの閉店に伴って、パクチーハウスに関わりのあった89人の人々が、それぞれ890字で思いを綴ったものです。

当社の駒井も証言を寄稿させていただいています。全文をここに転載します。

最後の片付け、退勤タイムカード

「よーおっ!」と元気に一本締め。その後、おもむろにiPadの前に集まって、みんなでポーズ、撮影、大盛り上がり。2018年3月14日、パクチーハウス閉店の二日後、佐谷さんがFacebookに投稿した動画。「最後の片付け、退勤タイムカード」と紹介されていた。

写真を撮影していたのは、私たちネオレックスが開発した「タブレット タイムレコーダー」。iPadをタイムレコーダーにするアプリで、出勤・退勤時に画面上の自分の名前にタッチし、顔写真を撮影する。パクチーハウスさんは、タブレット タイムレコーダーの代表的なユーザーだった。

「世の中、ニコニコして職場に来る人って、そんなにいないよね」「毎日みんなが、満面の笑みで帰っていく職場になったら、楽しいだろうな」こんな想いが、タブレット タイムレコーダー開発の原点の1つ。毎日みんなが触れる「タイムレコーダー」が生まれ変わって、何か良い機能や効果を提供し、働く人を笑顔にできたらと考え、みんなであれこれと工夫してこのアプリを生み出した。

そんなタブレット タイムレコーダーを、パクチーハウスさんで使っていただくことができ、大変光栄だった。美味しくてユニークな料理、楽しげなスタッフのみなさん。佐谷さんが客同士をつなげ、交流が生まれ、時には店全体で一体になって盛り上がる。外国にいるような、それでいてどこか、田舎の小さな飲み屋にいるような。高揚感と安心感が同居する不思議な感覚。こんな特別な場所で、私たちが想いを込めたアプリを使ってもらい、パクチーハウスという素敵な「場」をつくることに、ほんのわずかであっても参加することができた。

冒頭で紹介した佐谷さんのFacebook投稿はこう続いている。「最後の片付け、退勤タイムカードまで、こんなに楽しんでくれるスタッフに恵まれて幸せです。それぞれがここでした経験を、楽しくエキサイティングな人生に活かして欲しい!」

そんなみなさんにタブレット タイムレコーダーを使ってもらうことができ、私たちも本当に幸せです。これまで、ありがとうございました。今後のみなさんの益々のご活躍、楽しみにしています。

89の証言集」は、Amazonで購入が可能です。

ぜひ読んでみてください。

2018.11.30/

【集計ルール設定:打刻まるめ】
打刻時刻の切り上げ/切り捨て

就業規則や勤務規定は、企業ごとに大きく異なっています。様々な就業規則に対応するため、タブレット タイムレコーダーは、時間数や、日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定することができます。このシリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、このシリーズをご覧ください。
この記事では、打刻まるめについてとその設定方法を解説します。

打刻まるめとは

打刻まるめとは、打刻時刻を決められた単位で切り上げ、切り捨てすることです。例えば、始業打刻を8:43にした場合、15分まるめでは8:45、30分まるめのでは9:00。終業打刻を18:19にした場合、15分まるめでは18:15、30分まるめでは18:00とまるめられます。
また、所定始業時刻より早いIN打刻を始業時刻とするのも打刻まるめの一種です。例えば、9:00が所定始業時刻の場合、8:11のIN打刻を9:00にまるめます。

まるめ単位は法人によって様々です。15分、30分単位でまるめているということもあれば1分単位で計算していることもあるでしょう。また、始業は15分単位だが、終業は5分単位といった、始業と終業で異なる場合もあると思います。
この記事では、例として以下のような3種類の打刻まるめの設定を紹介します。

  1. IN打刻を15分単位でまるめ、OUT打刻をまるめない
  2. 所定始業時刻を9:00とし、それ以前のIN打刻を所定始業時刻にまるめる
  3. 出勤・退勤は15分単位でまるめるが、それ以外の打刻はまるめない

3.は、出勤・退勤以外に休憩の入・戻などで打刻をする運用もあります。このとき、出勤・退勤の時刻はまるめるが、休憩はまるめないという設定です

続きを読む >

2018.10.24/

法定三帳簿(労働者名簿、賃金台帳、出勤簿)の記入事項と保存期間

法定三帳簿の一つである出勤簿

労働関係の書類の中には、法律によって作成・管理が義務付けられているものがあり、適切に保管されていない場合、処罰の対象となることもあります。
今回はそのような書類の中でも、「法定三帳簿」と呼ばれる、労働基準法107条から109条によって作成・管理が義務付けられた書類の記入事項と保存期間について説明します。

続きを読む >

2018.09.29/

労働基準法(全文)

労働基準法 六法全書

みなさんは、実際の労働基準法を読んだことはありますか?

日々勤怠管理に取り組んでいるベテラン担当者であっても、働き方改革に強い関心を持っている経営者でも、なかなか機会はなく「実際の労働基準法を読んだことがある」という人は、少ないのではないでしょうか。

法律の条文は、政府のWebサイトにも掲載されています。
ただ、少し読みにくいようだったので、フォーマットを整えて、ここに全文を掲載してみました。

最初から最後までざっと読み通してみても良いし、熟読しても良いし、必要な箇所だけの拾い読みでも良いと思います。ぜひ読んでみてください。

(掲載内容は、2018年9月時点のものです)

続きを読む >

2018.09.04/

複数の拠点でタブレット タイムレコーダーを利用する際の、利用状況ごとの運用方法や注意点

複数の店舗を経営しているお客様などからよくいただくお問い合わせに、「タブレット タイムレコーダーを複数拠点で利用できるか」というものがあります。タブレット タイムレコーダーは、クラウド勤怠管理システムのように複数拠点のデータをリアルタイムに統合管理することはできません。しかし、日々の勤怠管理は各拠点で行われていて、複数拠点のデータをリアルタイムに統合管理する必要がなければ、タブレット タイムレコーダーをご利用いただくことができます。
本記事では、複数の拠点にタブレット タイムレコーダーを設置して勤怠管理する際の、様々なニーズに合わせた運用方法や注意点を紹介します。

続きを読む >

2018.08.31/

VPN対応ルーターを利用したVPN接続の方法

VPNという技術を使うと、離れた場所にあるネットワークにアクセスできます。

タブレット タイムレコーダーでも、VPNを利用すれば、外出先や別の拠点から、離れた場所にあるタブレット タイムレコーダーにアクセスし、勤怠データの閲覧・編集などが可能となります。

本記事では、小規模オフィスや家庭でも利用できるVPNについて解説します。タブレット タイムレコーダーのユーザーの皆さんはもちろんのこと、タブレット タイムレコーダーをお使いでない方も参考にしてください。

VPN=Virtual Private Networkは、仮想的につくるプライベートなネットワークです。例えば自分のPCから会社のLANに「VPN接続」することにより、外出先であっても社内にいるのと同様に会社のファイルサーバーに接続したりできます。同様に家庭でも、VPN接続を可能にすれば、外出先から自宅のPC内のファイルを利用するといったことができます。

VPN接続を実現する方法はいくつかありますが、今回はその中でも比較的手軽な、ルーターのVPN機能を利用しインターネット経由でVPN接続する方法を紹介します。接続先となる職場や家庭にVPN機能をもつルーターを設置して利用する方式です。

VPN対応ルーターは接続したいサーバーやPCなどがある場所に設置します。もし、今利用しているルーターにVPN機能があれば、新たなルーターを購入しなくてもそのルーターをそのまま利用することができます。

注意:職場にネットワーク管理者がいる場合には、必ず管理者に相談してください。

VPNサーバー機能を持つルーターを用いた離れた拠点へのVPN接続方法

続きを読む >

2018.07.31/

タブレット タイムレコーダーを購入・お試しできるビックカメラ店舗一覧

タブレット タイムレコーダーはビックカメラでも購入・お試しいただけます

タブレット タイムレコーダーはApp Storeで購入可能ですが、ビックカメラ・コジマの一部店舗にて店頭販売も行っています。
店頭で実際に操作感を試してみたり、説明を聞くことができますので、ぜひお近くの店舗にお立ち寄りください。

なお、店舗によっては、展示がされていないところもありますので、係の方へぜひお気軽にお尋ねください。
続きを読む >

2018.06.27/

直行・直帰・出張時の勤怠管理方法 ―打刻修正や代理打刻で勤務時間を適切に記録する―

直行直帰の代理打刻

お客様からよくいただく問い合わせの1つに、「直行・直帰・出張の際にどのように勤務時間を管理すれば良いのか」というものがあります。タイムレコーダーで勤怠管理をしている場合、直行直帰や出張をした勤務者は会社のタイムカードに直接打刻することはできないので、記録方法を工夫する必要があります。本記事では、タイムレコーダーで勤怠管理する際の直行・直帰・出張の運用ルールや、タブレット タイムレコーダーを利用する場合の具体的な操作手順をご紹介します。

続きを読む >

1 2 3 4