ブログ

2019.09.27/

【連携解説】SMILE BS 人事給与/SMILE V 人事給与|勤怠アプリ「タブレット タイムレコーダー」と給与計算ソフト

タブレット タイムレコーダーは、設定に従って勤務実績を自動で集計し、給与ソフト向けのデータを出力することができます。

出力されたデータは、ご利用の給与ソフトでそのまま取り込み、給与計算に利用することが可能です。

この記事では、「SMILE BS 人事給与/SMILE V 人事給与」向けの設定方法と注意事項を紹介します。

タブレット タイムレコーダーが対応している他の給与ソフトについては「【目次】アプリで勤怠管理|給与計算ソフト向け設定|タブレット タイムレコーダー」にまとめられています。

続きを読む >

2019.09.27/

【連携解説】給料王|勤怠アプリ「タブレット タイムレコーダー」と給与計算ソフト

タブレット タイムレコーダーは、設定に従って勤務実績を自動で集計し、給与ソフト向けのデータを出力することができます。

出力されたデータは、ご利用の給与ソフトでそのまま取り込み、給与計算に利用することが可能です。

この記事では、「給料王」向けの設定方法と注意事項を紹介します。

タブレット タイムレコーダーが対応している他の給与ソフトについては「【目次】アプリで勤怠管理|給与計算ソフト向け設定|タブレット タイムレコーダー」にまとめられています。

続きを読む >

2019.09.26/

「さよならタイムカード 勤怠管理劇的改善術(キーマンズネット)」の紹介

キーマンズネット様に、タイムレコーダー・勤怠管理システムの選び方に関する全3回の解説記事を寄稿させていただきましたので紹介します。

2019年4月に施行された「働き方関連法(働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律)」により、残業時間の上限規制が設けられ、勤務時間の正確な把握が義務化されました。これにより、今までよりも厳密な勤怠管理が求められるようになり、従来のように紙のタイムカードを用いた勤怠管理では対応しきれない状況が増えつつあります。

そこでこのシリーズでは、まず、勤怠管理システムの普及が加速している現状を説明し、紙のタイムカードから勤怠管理システムに移行するメリットを取り上げます。続いて、紙のタイムカードに替わるタイムレコーダー・勤怠管理システムの選択肢と、それぞれの特徴を紹介します。最後に、どのような事業者にはどの製品が適しているのかを解説します。

続きを読む >

2019.09.20/

【集計ルール設定:所定】
所定と関連の集計設定

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。【集計ルール設定】の記事シリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、【目次】集計ルール設定の解説記事一覧をご覧ください。
この記事では、所定の設定方法について解説します。

所定とは

所定とは、会社や事業所、勤務形態、あるいは個人ごとに決まっている、勤務すべき時間数や時間帯のことを指します。タブレット タイムレコーダーでは、勤務する時間数や時間帯が決まっている場合、所定を設定することによって残業や遅早退時間を自動で計算できるようになります。
続きを読む >

2019.09.09/

【連携解説】弥生給与|勤怠アプリ「タブレット タイムレコーダー」と給与計算ソフト

タブレット タイムレコーダーは、設定に従って勤務実績を自動で集計し、給与ソフト向けのデータを出力することができます。

出力されたデータは、ご利用の給与ソフトでそのまま取り込み、給与計算に利用することが可能です。

この記事では、「弥生給与」向けの設定方法と注意事項を紹介します。

なお、同社製品の「やよいの給与計算」については、別途記事を作成する予定です。

タブレット タイムレコーダーが対応している他の給与ソフトについては「【目次】アプリで勤怠管理|給与計算ソフト向け設定|タブレット タイムレコーダー」にまとめられています。

続きを読む >

2019.08.29/

【連携解説】給与応援R4|勤怠アプリ「タブレット タイムレコーダー」と給与計算ソフト

タブレット タイムレコーダーは、設定に従って勤務実績を自動で集計し、給与ソフト向けのデータを出力することができます。

出力されたデータは、ご利用の給与ソフトでそのまま取り込み、給与計算に利用することが可能です。

この記事では、「給与応援R4」向けの設定方法と注意事項を紹介します。
なお、サポートが終了している「給与応援 Super / Lite」についても、一部異なる部分もありますが、基本的に同じ設定で利用することができます。

タブレット タイムレコーダーが対応している他の給与ソフトについては「【目次】アプリで勤怠管理|給与計算ソフト向け設定|タブレット タイムレコーダー」にまとめられています。

続きを読む >

2019.08.07/

【連携解説】PCA給与/給与じまん/給与hyper|勤怠アプリ「タブレット タイムレコーダー」と給与計算ソフト

タブレット タイムレコーダーは、設定に従って勤務実績を自動で集計し、給与ソフト向けのデータを出力することができます。

出力されたデータは、ご利用の給与ソフトでそのまま取り込み、給与計算に利用することが可能です。

この記事では、「PCA給与/給与じまん/給与hyper」向けの設定方法と注意事項を紹介します。

タブレット タイムレコーダーが対応している他の給与ソフトについては「【目次】アプリで勤怠管理|給与計算ソフト向け設定|タブレット タイムレコーダー」にまとめられています。

続きを読む >

2019.07.24/

【連携解説】給与大臣|勤怠アプリ「タブレット タイムレコーダー」と給与計算ソフト

タブレット タイムレコーダーは、設定に従って勤務実績を自動で集計し、給与ソフト向けのデータを出力することができます。

出力されたデータは、ご利用の給与ソフトでそのまま取り込み、給与計算に利用することが可能です。

この記事では、「給与大臣」向けの設定方法と注意事項を紹介します。

タブレット タイムレコーダーが対応している他の給与ソフトについては「【目次】アプリで勤怠管理|給与計算ソフト向け設定|タブレット タイムレコーダー」にまとめられています。

続きを読む >

2019.07.23/

タブレット タイムレコーダーのユーザーレビュー紹介

ITreviewのスクリーンショット

「ITreview」というサイトはご存知でしょうか? 

「ITreview」は1万件を超えるユーザーレビューをもとに、ビジネス向けのソフトウェアやクラウドサービスを比較できるサイトです。弊社の勤怠管理アプリ「タブレット タイムレコーダー」も掲載していただいています。
今回は、その「ITreview」に掲載されているタブレット タイムレコーダーのユーザーレビューを紹介していきます。タブレットタイムレコーダーの導入を検討している方や、他ユーザーの評価が気になる方は、ぜひご覧ください。

続きを読む >

2019.06.28/

【クラウド勤怠管理システムと比較】月額無料のiPadアプリのメリット・デメリット

こんなクラウド勤怠管理システムをお使いの方向け

クラウド勤怠管理システムを利用中、あるいは導入を検討中の方へ。

クラウド勤怠管理システムの利用を続ける中で(検討を進める中で)、おそらく以下のような悩みが出てくるのではないでしょうか。
 「月額利用料を払い続ける必要があり、長期利用で費用がかさむ」
 「サーバー障害やネットワークの不調で利用できないことがある」

クラウド勤怠管理システムの中では、この悩みを解決できるシステムはなかなか見つかりませんが、クラウドではない勤怠管理システムにまで視野を広げると、その悩みを解決できるシステムがあります。費用は払いきり(初期費用のみ)で格安、ネットワークの状態によらずいつでも利用可能、さらに+αの機能を持つ勤怠管理システム、それが、iPadアプリ「タブレット タイムレコーダー」です。

この記事では、クラウド勤怠管理システムと比較して、タブレット タイムレコーダーを利用するメリット・デメリットについて紹介します。先に結論を述べると、どうしてもクラウドでなければならない理由がないなら、費用が圧倒的に節約できる上に+αの機能も充実しているタブレット タイムレコーダーがオススメです。
あなたの会社のルールやニーズと照らし合わせながら、この記事をご一読いただけたら幸いです。クラウド勤怠管理システムを利用中の方も、検討中の方も、ぜひタブレット タイムレコーダーをご検討ください。

続きを読む >

1 2 3 4 5 6 7