×
ブログ

2020/09/28/

【集計ルール設定:休日】
平日と休日を区別する

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。【集計ルール設定】の記事シリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、【目次】集計ルール設定の解説記事一覧をご覧ください。

この記事では休日に関連する設定の方法について解説します。

「平日と休日を区別する」設定と集計ルール

タブレット タイムレコーダーでは平日と休日を区別して集計することができます。例えば、土日祝を休日に設定すると、平日と区別して、土日祝の出勤時間や休日出勤日数を集計することが可能です。これによって、土日祝の給与の時給を上げたり、休日出勤をした日数分の手当を支給するといったことができます。

続きを読む >

2020/09/09/

【設定解説】iCloud|勤怠アプリ「タブレット タイムレコーダー」のバックアップ方法

タブレット タイムレコーダーは、DropboxまたはGoogleDriveと連携し自動でバックアップする機能があり、アプリの削除、iPadの交換などでデータを復元する場合、原則として自動バックアップから復元します。
※DropboxまたはGoogleDriveを利用した自動バックアップ機能についてはこちらをご覧ください。

自動バックアップの利用をお勧めしていますが、自動バックアップを利用していない状態で、データの復元が必要になった場合は、iCloudを利用した復元をすることが可能です。
しかしDropboxまたはGoogleDriveを利用する自動バックアップと異なり、他のアプリを含めたiPadのデータ全体を復元することになる等、注意が必要です。

この記事では、iPadでご利用中のiCloudで、タブレットタイムレコーダーをバックアップする方法と、注意事項を紹介します。

続きを読む >

2020/08/27/

ライセンスとライセンスキーについて

タブレット タイムレコーダーを利用中のお客様からよくいただくライセンスに関する問い合わせをまとめました。本記事では、ライセンスとライセンスキーの仕組みについて紹介します。
ライセンスの購入を検討されている方はもちろん、すでにライセンスを購入して、タブレット タイムレコーダーを利用されている方も、ぜひ一度確認してみてください。

目次

続きを読む >

2020/08/06/

【集計ルール設定:時間数】利用する時間数の設定

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。【集計ルール設定】の記事シリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、【目次】集計ルール設定の解説記事一覧をご覧ください。

この記事では、利用する時間数の設定方法を解説します。

タブレット タイムレコーダーでは、集計した時間数を詳細画面で確認したり、給与ソフト向けに出力したりできます。
残業や休出などの項目ごとに利用する/しないを設定でき、また項目ごとに「詳細画面には出すが、給与ソフト向けには出力しない」「詳細画面には出さないが、給与ソフト向けには出力する」といった細かな設定も可能です。
たとえば、詳細画面では一日の残業時間の合計だけ確認できればよいが、給与計算では早出残業に手当てを付ける場合、詳細画面には「残業(合計)」を表示し、給与ソフト向けには「残業(合計)」「残業(早出)」を出力するといったことが可能です。

タブレット タイムレコーダーで利用できる時間数

続きを読む >

2020/07/22/

【タイムカード集計をエクセルで】Excelでの勤怠管理の方法と注意点

勤怠管理をExcel(エクセル)で行いたい、と検討中の方へ。 

勤怠管理をExcelで始めたいけれど、そのためには何をすればいいのか分からない、と困っていませんか。この記事ではExcelでの勤怠管理の方法と注意点を、勤怠管理の全体像を踏まえて紹介します。

続きを読む >

2020/07/18/

【集計ルール設定】日次アラートを利用する

タブレット タイムレコーダーでは時間数や日数・回数の集計ルールをきめ細かく設定できます。【集計ルール設定】の記事シリーズでは、具体的な集計ルールを取り上げてその設定方法を紹介していきます。集計設定時にご不明な点がありましたら、【目次】集計ルール設定の解説記事一覧をご覧ください。

この記事では、打刻やその他のデータが問題ないかチェックする機能「日次アラート」の設定について紹介します。「日次アラート」は、打刻忘れでIN/OUTのどちらかだけがないデータなど、修正が必要なデータがないかを一目で確認する機能です。

日次アラートとは

日次アラートとは、適切ではない打刻などのデータをデータの出力前に一目でチェックすることができる機能です。具体的には詳細画面で下の画面イメージのように4種類のアラートを表示することができます。

  • A:打刻がペアになっていない
  • B:休日に休暇が登録されている
  • C:休暇または欠勤日に勤務データがある
  • D:平日または半休に勤務データがない

また、タップすると下の図のようにチェックの内容が表示されます。

この記事ではまず、日次アラートの設定方法を説明します。その後、アラートの意味や解消方法について解説します。なお、集計ルールによって必要なアラートは異なるので、メンバー種別によって必要な日次アラートだけを表示するよう設定することができます。集計ルールによって、どのアラートを表示させるべきかも解説します。

続きを読む >

2020/07/17/

いまさら聞けない!?働き方改革に伴う労働法改正内容の詳細解説

働き方改革に関連する法改正(働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律)が2019年4月に実施されました。

名前だけは知っているけれども、実はまだ内容を詳しくは知らないという方もいらっしゃるかもしれません。そんな方のために、今回は働き方改革の全容について、以下の9項目に渡り、条文の該当箇所を引用しながら解説していきます。

続きを読む >

2020/07/17/

手軽で習慣化しやすい!タブレット タイムレコーダーを活用した検温管理

新型コロナウィルスが猛威を振るう中、企業内クラスターの発生が懸念されています。
企業内クラスターを防ぐために有効とされているのが、出勤時の検温管理。
私たちネオレックスでは検温管理にタブレット タイムレコーダーを活用しています。

続きを読む >

2020/06/29/

労働時間の適正な把握方法とは?「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」の解説

働き方改革の柱の一つに「長時間労働の是正」というものがあります。働き方改革が叫ばれて久しい世の中ですが、長時間労働やサービス残業は社会問題としてなおも残っています。そのような社会情勢の中で、「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」(以下、「ガイドライン」)という通達が平成29年(2017年)に出されました。これは平成13年(2001年)に出された「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準」=通称:「46通達(339号通達とも呼ばれる)」に、変更を加えたものになります。

「ガイドライン」には、労働時間の適正な把握方法が記載されています。こちらを解説したもの自体は厚生労働省からリーフレット「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」として出されていますが、内容も多くポイントが分かりにくいかもしれません。
そこで今回は、「ガイドライン」の内容紹介に加えて、具体的に勤怠管理を行う上で気をつけなくてはいけないポイントについて紹介していきたいと思います。

続きを読む >

2020/05/21/

ライセンスの購入検討中によくある質問

タブレット タイムレコーダーの導入を検討中のお客様からよくいただく問い合わせをまとめました。本記事では、ライセンスを購入する際の疑問点とその回答を紹介します。
ライセンスを購入する際に、ぜひ確認してみてください。

目次

続きを読む >

1 2 3 4 5 6 9